かくれんぼ世界選手権とは?

「かくれんぼ世界選手権」とは、世界で唯一のかくれんぼの国際競技会です。
2010年から8年の伝統があり、前回17年大会は9月8日~9月10日の3日間に開催されました。
イタリア北西部のコンソンノ村という、かつて大人の遊び場と呼ばれていたゴーストタウンが会場です。
世界各国80チームが参加し、優勝チームにはGolden Fig Leaf(葉っぱが形取られた金メダル)が授与されます。各国はかくれんぼ世界1位を目指してしのぎを削り合います!基本的に、5人1チームとなり競技を行います。鬼の中には元ラガーマンや軍人などもいることからわかるように、本気の外遊びです。

かくれんぼ世界選手権のルール

・1ターンごとに各チーム1人の選手が試合を行います。
・各チームそれぞれ異なる色のビブスを着用します。
・鬼は大会運営側が行います。
・ホームベースの周りを輪で囲んで準備完了!

・スタート合図から60秒後に鬼が参加者を探し始めます。
・現地の自然に加え、会場に用意された椅子などの障害物にも隠れてOK!観客に紛れることも可能です。
・鬼に見つかりビブスの色を宣言された上、先にホームベースにタッチされるとアウト
例)「赤色見ーっけ!」→ホームベースにタッチ
・10分の制限時間以内にアウトになることなく、ホームベースをタッチするとチームに得点が入ります。
・最初にホームベースに到達した選手に20点、2番目に19点・・・と到達順位により点数が決定します!そのため参加者はできるだけ早くホームベースに帰還しよう、と戦略を立てます。
・鬼に見つかりアウトになった選手や制限時間10分以内にホームベースに戻ってこられなかった選手の特典は0点です。

・全80チームを20チームづつの4ブロックに分割し予選を競います。
・予選は10試合(1選手2回)で競い、総合得点の高い上位5チームが決勝進出することができます。

----------------------------
・色はLaunch of the Bank Cardというミニゲームによって決められる
・コシュチューム、変装、ペイントは自由だが必ず上からビブスを着なければならない
----------------------------

リスク覚悟で、早い段階からホームベースを狙うか、それとも安全に様子を伺うか・・・など、本気の駆け引きが多い競技、それが「かくれんぼ」です。

大会期間中の寝る場所は?ご飯は?

初日に水分・医療具の入ったバッグを1人1つ支給されます。
原則として飲食の持ち込み不可です。また3日間大会会場のコンソノ村から出てはいけません。各チーム、テントを持ち込み指定の場所で設営します。
食事は交流イベントエリアで開店しているキッチンカーで、各自購入することができます。ハンバーガーやローストビーフなどの品揃えがあり、1食1000円前後です。ビールやワインなどのアルコールも種類が充実しています。
水道にて顔を洗ったり歯を磨いたりすることはできますが、シャワーを使って全身を洗うことはできません。

世界選手権 交流イベント

試合終了後の夜には交流イベントエリアのステージにてバンド演奏が行われ、アルコールを片手に参加者や観客とともに宴を楽しみます。

「あんなかくれ方があるなんて思わなかったよ」
「あの低姿勢の高速移動はまるで忍者だね」
「だまされた!! あの物音はトラップだった!」
などのような会話が飛び交い、国境を越えた外遊び友達が次々とできます。