BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. イベント
  4. Twitter擬態フォトコンテスト受賞者発表!

Twitter擬態フォトコンテスト受賞者発表!

5月にTwitterで募集した「擬態フォトコンテスト」

受賞者が決定しました~!!ぱちぱち!!!

応募要項と結果一覧はイベントページをご覧ください。

さて、こちらのブログでは日本かくれんぼ協会フォトコンチームの審査コメントを振り返っていきたいと思います。

久しぶりに、長編です(笑)

 

まず最初の部門は、

<生き物部門>

最も激戦だった生き物部門。

大自然から切り取ったレベルの高い写真の数々に、審査も難航しました。

そんな中グランプリを制したのは、鮮やかなタツノオトシゴを撮影したMORIKEN728様!

砂場や木の幹など地味な色の場所に擬態する生き物がたくさんいた中、どピンクの世界は一気に注目を集める結果となりました。

「こんなの初めて見た!!!」

「どこに生息しているんだ?!」

「めっちゃ綺麗」

「色合いがまた可愛い」

と審査員の声が止まりませんでした。

 

準グランプリは、つよし様が撮影した新緑の麦畑に佇むシオカラトンボ。

「緑に癒される季節感がいい」

「縦にとまるトンボはなかなか見ない!」

と、普段から見ていそうで出会えていない風景に感動した審査員が多かったようです。

 

2つ目の部門は

<ヒト部門>

こちらは日本かくれんぼ協会の役員が渾身の擬態をいくつも披露していましたが、一般応募は難易度が高かったのか生き物部門より少なかったです。

応募のハードルが高い中、過去の思い出写真を掘り起こしてグランプリを勝ち取ったのが、青空牛乳様のこの写真。

白川郷にこんな躍動感のあるかかしがいらっしゃったんですか!!!

「擬態する相手の選び方がうまい!」

「服の色の合わせ方が絶妙」

「日本の名所のおもしろスポットを発見できた」

などのコメントが寄せられました。

 

ヒト部門の準グランプリは、ハンモックに擬態する少年。

これは擬態なのか単に身を隠しただけのかくれんぼなのかという厳しいジャッジが入りながらも

「部屋にいろんなものがあって何に擬態しているのか探し回ってしまった」

「ハンモックに乗っているのに垂れ下がり方が意外と自然」

「ハンモックにモノが載せてあるフェイクだと思ってしまった」

と、かくれんぼ好きが思わずキョロキョロしてしまう巧妙な1枚でした。

 

 

続いては、日本かくれんぼ協会渾身の企画。その名も

<忍者小野さんに挑戦部門>

11代目風魔小太郎という伝説の忍者を襲名した、かくれんぼ日本代表の小野さん。

次期日本代表クラスの挑戦を待ちわびていたのですが。。。

まさかの応募ゼロ!!! ちーん。

ヒトの擬態はやはり難しかったかぁ。

代わりに忍者小野さんに対抗できるのはこいつしかいない! と選ばれたのが・・・

<日本かくれんぼ協会特別賞>

これはきれいに砂に埋まってて何が何だかわからないだろ!!!

と思ったら、解説画像で「目」が。。。「目」が!!

しっかりこちらの姿はお魚からバレてますやん。。。すごい。

忍者小野さんが海に潜れるならぜひ対決させたいです(笑)

 

 

そして最後は、急遽予定が早まってフォトコン期間中に放映されたABCテレビ「リア突WEST」のかくれんぼ回出演記念の緊急追加部門

<#隠れる○○可愛すぎませんか 部門>

ジャニーズWESTの重岡さん小瀧さんのかくれんぼ姿が可愛すぎると

#隠れるしげこた可愛すぎませんか

が話題になったテレビ放映でしたが、

こちらは、緊急企画発表から最速応募のえり様が受賞。

クッションですか? モップですか? 思わず触りたくなるもふもふ感。

愛犬さんらしいのですが、その隠れる可愛すぎるお顔を想像するだけで胸キュンですっ❤

今度はお顔見せてくださいね!

 

以上、審査員からでした。

たくさんの素敵な写真のご応募ありがとうございました!

受賞者のみなさまは、ぜひ副賞もお楽しみに~

 

P.S.

審査が終わってから、とても悲しい事実が発覚。。。

気づかなくてごめんなさあああああああい!!!!!

まだInstagramのアカウントがないんです。

次回開催の時には、新たな力作をお待ちしております!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事